キマジメブログ('o')

こんにちは♪

cinema HEAVENのある宮崎は桜も咲き始め、暖かい日が続いていて、絶好のキャンプ日和♪

みなさんはいかがお過ごしですか?

IMG_0224.jpg

 

突然ですが、cinema HEAVENにはオーナー家族とスタッフが拠点にする家があります。そこにはテレビ、新聞、ラジオといったマスメディアはありません。いわゆる「俗世」と繋がるものといえば、パソコン、携帯、人から聞いた情報。


こう聞くと「偏ってるな〜」と感じる方もいらっしゃるかもしれません。たしかに偏ってます。笑 


まあでも今の時代、そんな偏った環境はもはや珍しくはないのかもしれませんが、そんな環境では、アンバランスな「個人」が顔を出します。

 

それが最低なシーンに繋がることもあれば、最高の瞬間を生み出すこともある。

 

日々迫られる決断においても、cinema HEAVENの第一優先事項は「お金」ではないことが多く、そこにすごく人間臭い「気持ち」という、曖昧で不安定で脆い、でも「ものすごいエネルギーを孕んでいるもの」がこれでもかと入り込んできます。

 

「便利さ」「環境」

「見た目」「中身」

「熱さ」「冷静さ」

「アナログ」「デジタル」

「楽観」「悲観」

「変化」「伝統」

「正確さ」「曖昧さ」

「自我」「他我」

「自分が知っている自分」「他人が知っている自分」

「主観」「客観」

「専門」「総合」

「リーダー」「フォロワー」

 

色んな立場、価値観があるけど、反対のようで、同じこともある。

一人だとバランスがとれそうなものでも、自分の「気持ち/価値観」と大切な人のそれが両方目の前に現れたときに、そのバランスはまた一旦揺らぎます。

 

そのときに、愛を保ったまま、やわらかく一歩踏み込む「優しさ」と「芯」があるかどうか。

ありがたくその一歩を受け入れる「余裕」と「柔軟性」があるかどうか。

そして、みんなの向かう方向を再確認し、どこに次の一歩を置くのが「最善」なのか。

 

別に踏み込まなくても進められるんだけど、そこに踏み込むことで、また一つ深くて気持ちいいコミュニケーションに繋がっていく。

いつだって、誰とだって、そういう風に繋がっていけたらと思いつつ、乾いている時だってある。

そういう「矛盾」もまた、一つのテーマかもしれません。

 

話がずれてきたので、元に戻します。笑

 

 

Cinema HEAVENは「人」でできています。

それは、今の「運営」の段階でも、これまでの「創る」の段階でも同じだと思います。

 

たった半年しか携わっていない私に分かってたまるかー!全くの的外れー!と思う人もいるかもしれませんが、たくさんの「人」が関わって、スタッフの一人である私にはまだまだ計り知れないほどの「気持ち」が存在し、鬩ぎ合っているのを、たった半年でも感じずにはいられません。

 

そんな「人と人」のコミュニケーションを、未熟な私たちは日々学びながら、そのレベルアップがHEAVENのレベルアップにも自ずと繋がっていくと信じています。

 

と、やっぱり私が文章を書くと真面目になっちゃうけど(笑)とにかくcinema HEAVENは最高の場所です!!

まだまだ成長途中、でも着実に成長していってる”cinema HEAVEN”

スタッフ全員でお待ちしています♪

 

YUKO