ヘブン三人旅・Nose Ride Mexico 編

其の二.jpg

シワタネホ空港を出ると、シティとは打って変わって
東南アジアのあの独特なもわーーっの湿度で僕らをあたたか〜く 出迎えてくれた。
空港にある唯一の店、レンタカーショップで早速 車を借りて
今回の旅のチルとサーフを求めて 未だほとんど情報のない サラディタ へ向かう。
CJ ネルソンも参加する Mexi log fest が毎年開催されている 、、というくらい。
そう。今回 社長の計らいで まだ人の少ないポイントを選んでくれた。
砂埃を巻き上げながら車を走らす。このまま 行けば 十二分 サンセットに間に合うはずということで、カルロスの運転は絶好調だが、飛ばし過ぎも禁物だ。
突如現れるバンプやポリスたちをくぐり抜け、対向車スレスレの逆走の大技もメイクして、
無事に念願のビーチパラダイスに到着。
色とりどりのコンドミニアムが並び、
美しい砂浜、灼熱の太陽。イグアナも屋根からダイブ。wow!
ここは間違いなく 世界にいくつも在る “ヘブン” のひとつである。
海岸沿いにいくつも並ぶ コンドミニアムの一室で人を待つ。
玄関から板を抱え海まで 、、、なんと 5秒。
しばらくすると、この海岸を仕切るであろう若いメキシカンが笑顔で現れた。
すぐに理解できた。ここの人間は フランクでジェントルである。
この素晴らしい場所を彼らが守って来たのも納得できる。
もちろん あなた好みのお調子者の最高にゴキゲンなやつもいるぜ!
クラシックスタイルの重めで長めのロングボードをチョイスして 早速 入水。

wwwwwのコピー.jpg

はるか遠いピークで レフトの波が割れている。
グーフィのロングボーダーは 歓喜するであろう、
ロングライディングポイントだ。(ちなみに三人ともレギュラースタンスです。)
一度乗ったらどこまで行くんだ。何セクション? ハングテン?パラレル? チーター5?
疲れ切って、海を上がれば 気の知れた仲間でチル。
そして近所のロコレストランでタコスのルーティン。
夜はビーチで知らない誰かと焚き火。満天の星。
夜更かしの疲れた体で朝からサーフで目を覚ます。
この最高の時間に身も心も奪われ、三人共「禁断の延泊の向こう側」を見たくなっていた。
忘れてはならない 僕らのやるべきことは 買い付けであることを。
このチョイスが のちのち 僕らの首を締め付けることになる、、、、、。
この続きはまた次回。cheers.

[ 主な登場人物紹介 ]

カルロス … 
根っからのポジティブバイブスの持ち主で 元スケートショップ new base のオーナー。
シネマヘヴンでは番頭として現場を切り盛りしている。

社長 … 
ご存知 シネマヘヴンの代表 兼 たぬき として名を馳せる。
ハワイやカリフォルニアでサーフィンをしながら 青年時代を過ごす 根っからの遊び人。

画伯 … 
自由をこよなく愛す絵描き。世界を放浪後 宮崎で 社長と10年ぶりに再会。
ジャッキーチェンと舞台を共にする経験もある。シネマヘヴンのOB。

クリス and チュッチョ ... 
サラディタ を担う ルーキー。
こいつらを頼っていけば間違いなく最高の波と時間を送れるだろう。

メキシコ旅行にオススメの音楽 ...
ロングビーチダブオールスターズ